設計事務所のインターンシップ

設計事務所のインターンシップ

設計事務所のインターンシップ 設計事務所のインターンシップでは、実務に近い内容を体験することができます。
具体的には、現地調査や工事現場の見学、設計のアシスタントなどがあげられます。
運が良ければ依頼主との打ち合わせにも参加させてもらえることがあります。
現地調査は、実際の建物の具体的な間取りを決める前に、使用する土地が法的に問題がないかや地盤に問題はないかを確認する調査です。
調査結果を基に具体的な依頼主の希望を聞いていくためとても大切な部分になります。
また、建築士はデスク上で設計するだけでなく現場で働いてくれる大工さんなどの職人とのコミュニケーションも重要です。
学生のうちから工事現場を見ておくことはとても勉強になる機会です。
さらに、依頼主との打ち合わせの場は、建築士としての腕の見せ所でもあり、設計士や建築関係の仕事を目指している学生には刺激がもらえる貴重な経験になります。
インターンシップでは、設計事務所の仕事の面白いところをたくさん見ることができるため、参加した学生はそのまま設計事務所に就職をする人が多いようです。
就職率は非常に高いと言えるでしょう。

インターンシップの受け入れに積極的な設計事務所

インターンシップの受け入れに積極的な設計事務所 最近では、仕事を実際に体験してから就職を検討している人が多く見られます。
特に専門的な知識や高度なテクニックが要求される建築設計事務所の求人に応募しようか悩んでいる人も少なくありません。
そのような時に便利なシステムとして、インターンシップ制度があります。
研修生になって仕事の流れや内容、やりがいなどを徐々に勉強しながら働くことが可能ですので、非常に頼りになると喜ばれているのです。
外側からは分からなかった現場の雰囲気やスタッフの努力なども感じ取りやすく、強い覚悟を持って仕事に取り組むことにつながっています。
さらに、設計事務所で活躍するためのノウハウを短期間で習得することにも結びついているのです。
将来の目標を設定する際にもインターンシップの経験は大いに役立つといえます。
このように、じっくりと自分に合った職業を見極めることかできるシステムは、若者から大人まで圧倒的な信頼と人気を寄せられているのです。